リウマチ、膝関節治療に関する参考文献のご紹介

軟骨下脆弱性骨折

エビデンス参考文献

山本卓明 岩本幸英 臨床画像Vol.31,No.3,2015

大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折-膝を含めて

エビデンス参考文献

山本卓明 岩本幸英 臨床雑誌整形外科Vol.65 No.8

コレステロールの薬が膝関節症の進行を防止する

解説-この代表的なスタディだけからみても、スタチンが膝の軟骨に効くのはまず間違いのないところと思われます。なぜ効くのかという理由については下記の3つが考えられますが、私には1が最も大きな要因だろうと推測しています。

  1. 悪玉コレステロールを下げることにより、わずかなしかない半月板への微小血管の動脈硬化を改善し、半月板の老化(変性)を防ぐ。
  2. スタチンの抗炎症作用が膝関節の炎症を抑制する。
  3. スタチンが軟骨細胞に直接作用し、その分化や細胞外マトリックス生成、コラーゲン変性過程などに好影響を与えている。

やはり、膝のOAは膝に来るメタボなのです。

エビデンス参考文献

Statin use is associated with reduced incidence and progression of knee osteoarthritis in the Rotterdam study S Clockaerts, Ann Rheum Dis annrheumdis-2011-200092Published Online First: 11 October 2011 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21989540

抗TNFα投与患者への帯状疱疹(水痘)ワクチン投与の安全性

エビデンス参考文献

Association Between Vaccination for Herpes Zoster and Risk of Herpes Zoster Infection Among Older Patients With Selected Immune-Mediated Diseases FREE Jie Zhang, PhD; Fenglong Xie, MS; Elizabeth Delzell, ScD; Lang Chen, PhD; Kevin L. Winthrop, MD, MPH; James D. Lewis, MD, MSCE; Kenneth G. Saag, MD, MSc; John W. Baddley, MD, MSPH; Jeffrey R. Curtis, MD, MS, MPH JAMA. 2012;308(1):43-49. doi:10.1001/jama.2012.7304. http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1212306

一部の変形性膝関節症にもMTX(メトトレキサート)は有効

水がたまることをくりかえすような膝の患者さんにも、本院ではときどきMTX(メトトレキサート)を使っています。有効率は血液にはっきり出るようなほんもののリウマチの患者さんよりは低いことがわかっています。

これをうらづける研究が英国から最近発表されました。30人の患者さんに最大20mg(24週間)のMTXを投与し66%(30人中20人)の患者さんで3割以上の痛みの軽減が得られたという結果です。

エビデンス参考文献

Methotrexate for pain relief in knee osteoarthritis: an open-label study.Rheumatology (Oxford). 2013 May;52(5):888-92. doi: 10.1093/rheumatology/kes386. Epub 2013 Jan 7.Wenham CY, Grainger AJ, Hensor EM, Caperon AR, Ash ZR, Conaghan PG.
SourceSection of Musculoskeletal Disease, Chapel Allerton Hospital, Chapeltown Road, Leeds LS7 4SA, UK. p.conaghan@leeds.ac.uk.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23300331

MRI撮っても見逃されやすい半月板損傷

内側半月の後方ルート断裂(meniscal root tear=MRT)

昨今、膝の痛みの診断にはMRIが必須になり、数多く撮影されるようになりました。いままで見逃されてきたことが多い代表的な膝関節の所見です。

  1. サッカーやラグビー・交通事故などの重度の膝外傷(ACLやMCL断裂など)にともなって断裂するパターン
  2. 中高年で半月板の変性にともなって、ある日突然切れるパターン。骨壊死やSIF(軟骨下骨脆弱性骨折)をともなうことも多い。

の2種類があります。

圧倒的に多いのが、後者の中高年の断裂です。残念ながら縫合手術の適応になりません。また、再生治療もまだできないのが現状です。

MRI所見ではwhite meniscus sign 、empty meniscus sign (=あるはずのところに半月板がなくなってみえること)という名前がついています。

エビデンス参考文献

Statin use is associated with reduced incidence and progression of knee osteoarthritis in the Rotterdam study S Clockaerts, Ann Rheum Dis annrheumdis-2011-200092Published Online First: 11 October 2011 http://www.arthroscopyjournal.org/article/S0749-8063(09)00239-4/abstract

グルコサミン・コンドロイチン

グルコサミン、コンドロイチンのサプリメントを摂取していた住民では、全死亡率が優意に減少。

ワシントン大学での5年間の追跡研究(前向きコホートstudy)

約7万7000人の住民が対象。

エビデンス参考文献

Am J Clin Nutr. 2010 Jun;91(6):1791-800. Epub 2010 Apr 21. Total mortality risk in relation to use of less-common dietary supplements. Pocobelli G, Kristal AR, Patterson RE, Potter JD, Lampe JW, Kolar A, Evans I, White E. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20410091

2012 欧州リウマチ学会速報

「軽い一過性のリウマチ」、と「血液に出る本物のリウマチ」

軽い一過性のリウマチ、と血液に出る本物のリウマチと大きくわけてふたつのカテゴリーにわけられることを、私たちは提唱してきました。

軽い一過性のリウマチの場合、変形がすすむことはありません。

「腫れがなくてもひたすら痛い」「痛いところが移動する」「なんとなく疲れが出やすい」などの症状のでかたをすることが多いのが特長です。

こういった軽症タイプのリウマチは、閉経が早かった(45歳以下)に出やすいという最新の研究結果が、欧州リウマチ学会で発表されました。

エビデンス参考文献

Early Menopause Linked to Milder Rheumatoid Arthritis 「早期閉経した女性のリウマチは軽症タイプが多い」ケート ジョソンソン Kate Johnson June8,2012(Berlin, Germany)-Although early menopause increases the risk of developing rheumatoid arthritis (RA),new research suggests it might be a milder form of the disease, researchers reported here at the European League Against Rheumatism Congress 2012. "Rheumatoid arthritis is a heterogenous disease with different phenotypes," said Mitra Pikwer, MD, from Skane University Hospital in Malmo, Sweden, during a press conference. The milder form of RA associated with early menopause might be unrelated to the more severe forms seen in the general population, Dr. Pikwer told Medscape Medical News in an interview. "The risk factors for the severe type of RA are more genetic ? or smoking. It may be different with early menopause," she explained. The findings offer insight into how to manage patients who develop RA after early menopause, said Christopher Buckley, MD, PhD, professor of rheumatology at the University of Birmingham, United Kingdom, and chair of the EULAR Abstract Selection Committee. "We know that early menopause is associated with many autoimmune diseases, including RA, but it wasn't clear that it was a milder form," he said in an interview with Medscape Medical News. "What this study suggests is that we should be thinking not just about the diagnosis of RA, but which type. Maybe it means they'll have milder disease and we need not worry about biologics," he noted. "Then it comes down to whether we would want to advise hormone replacement therapy or not." The jury is still out on whether hormone replacement therapy might worsen RA, but it is a consideration, he cautioned. The study involved 134 incident RA cases identified from 4 different registers. Mean age at RA diagnosis was 63.4 years, said Dr. Pikwer. In this cohort, 25 women reported a history of early menopause, defined as occurring at 45 years of age or earlier. Ten years after their RA diagnosis, women who had early menopause were less likely to have severe RA, with radiologic evidence of erosions, and less likely to require biologic therapy than women with normal menopause (16% vs 35%). Women with early menopause were also more likely to have a mild/moderate rheumatoid factor (RF)-negative phenotype (58% vs 20%). After 5 years, mean Health Assessment Questionnaire (HAQ) score was 1.17 in women with severe RA, 0.74 in women with RF-positive disease, and 0.88 in women with RF-negative RA. Mean HAQ scores were significantly better in women with early than with normal menopause, both at diagnosis (0.50 vs 0.96) and 10 years later (0.67 vs 0.98), she said. Disease severity was not linked to history of oral contraceptive use or breastfeeding. "We already know that hormonal factors may influence the risk of RA, but this is the first study we know of that investigates the impact of menopausal age on the severity of RA," said Dr. Pikwer. "This is an important breakthrough, both in helping us understand the impact that hormones can have on the development of the disease and in helping us predict the long-term prognosis for our patients." Dr. Pikwer and Dr. Buckley have disclosed no relevant financial relationships. European League Against Rheumatism (EULAR) Congress 2012: Abstract FRI0087. Presented June 8, 2012. http://www.doctorslounge.com/index.php/news/pb/29694

膝関節の骨壊死カテゴリー分類

近年の研究で、膝関節の骨壊死は原因や病態から、3つのカテゴリーにわけて分類されるようになっています。

エビデンス参考文献

Van Ginckel A et al Osteoarthritis Cartilage. 2010 Dec;18(12):1564-9. J Am Acad Orthop Surg. 2011 Aug;19(8):482-94. Osteonecrosis of the knee and related conditions.Mont MA, Marker DR, Zywiel MG, Carrino JA. Source Department of Orthopaedic Surgery, Sinai Hospital, Baltimore, MD, USA. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21807916

運動で膝の軟骨は厚くなる

最近の研究では、2-3ヶ月ランニングを続けると軟骨の量が増えることが証明された。

エビデンス参考文献

Van Ginckel A et al Osteoarthritis Cartilage. 2010 Dec;18(12):1564-9. Functional adaptation of knee cartilage in asymptomatic female novice runners compared to sedentary controls. A longitudinal analysis using delayed Gadolinium Enhanced Magnetic Resonance Imaging of Cartilage (dGEMRIC). http://www.oarsijournal.com/article/S1063-4584(10)00338-9/abstract

喫煙者はリウマチが治りにくい

喫煙者は非喫煙者にくらべて、MTXや生物学的製剤(抗TNFα製剤)を使っても関節リウマチがよくなる率が大幅に下がることが信用のおける最新の研究で明らかになった。

エビデンス参考文献

Saedis Saevarsdottir らによるスェーデンでの調査 Arthritis & Rheumatism vol 63 Jan 2011 Patients with early rheumatoid arthritis who smoke are less likely to respond to treatment with methotrexate and tumor necrosis factor inhibitors: observations from the Epidemiological Investigation of Rheumatoid Arthritis and the Swedish Rheumatology Register cohorts. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/art.27758/abstract

関節リウマチ発症予防「抗CCP抗体陽性の関節炎患者では直ちにMTX投与の開始を」

診断未確定関節炎(UA)に対するMTXの有効性を検討したPROMPT試験で、抗CCP抗体陽性患者に対してMTXを早期投与することでリウマチ発症が有意に抑制された。

エビデンス参考文献

van Dongen H et al.Arthritis Rheum 2007;56(5): 1424-1432 Efficacy of Methotrexate Treatment in Patients With ProbableRheumatoid Arthritis http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/art.22525/pdf

RA(関節リウマチ)とOA(変形性膝関節症)におけるサイトカイン

RA(関節リウマチ)とOA(変形性膝関節症)に炎症期(水のたまる時期)には同じ炎症性サイトカインが作用している。

エビデンス参考文献

医学のあゆみ Vol.211 No.4 2004 303-306 http://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/AyumiBookDetail.aspx?BC=921104

生物学的製剤およびMTX投与中のB型肝炎活性化について

HBs抗原陰性、HB抗体(s or c)陽性リウマチ患者135人中7人でHB再活性化がみられた。

6人は生物学的製剤、1人はMTX+プレドニン

エビデンス参考文献

Prevalence of reactivation of hepatitis B virus replication in rheumatoid arthritis patients http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20668905

喫煙者はリウマチが治りにくい

喫煙者はリウマチが治りにくということがはっきりと証明されました。

つまり、タバコを止めることがリウマチを治すファーストステップだという我々の主張が追認されたわけです。

エビデンス参考文献

Patients with early rheumatoid arthritis who smoke are less likely to respond to treatment with methotrexate and tumor necrosis factor inhibitors: Observations from the Epidemiological Investigation of Rheumatoid Arthritis and the Swedish Rheumatology Register cohorts http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/art.27758/abstract

リウマチ 生物学的製剤のコストパフォーマンスについて

エンブレルは欧米と比較して割安な薬価がついている

エビデンス参考文献

リウマチ科 2008;39(6): 548-554 高騰化するリウマチ治療とその対策 松野博昭氏 著

本院のST剤予防投与の根拠となるエビデンス文献

riumachiyobou.html

Pcの無症候性キャリアからPCPが発症する

PCP(ニューモシスチス肺炎)はRA患者(日本人)の肺の常在菌。

RA患者にPcの検査を行ない、Pc陽性で無症候患者9名を経過観察。

→3名PCP発症。短期間のST合剤投与により完治。以後保菌者となることはなかった。

→他の6名にも同様の短期治療を行ない、観察(2年)したが再保菌することなく、Pcを拒絶できた。

⇒一度、肺のなかを掃除しておけば、数年は大丈夫という考え。

エビデンス参考文献

SHUNSUKE MORI, ISAMU CHO and MINEHARU SUGIMOTO A Followup Study of Asymptomatic Carriers of Pneumocystis jiroveci During Immunosuppressive Therapy for Rheumatoid Arthritis http://www.ryumachi-jp.com/english/mr/mr18_03_04.html

帯状発疹の最新疫学調査

宮崎スタディ

帯状発疹の患者数は年々増加。

季節で見ると、夏に多くなり、冬に少なくなる傾向がある。水痘の流行と正反対の関係

水痘流行期間で帯状発疹の発症が低いのは、水痘の流行による追加免疫効果と考えられる。

年齢からみると、40代から急激に発症率が増加し、70代がピークになっている。

エビデンス参考文献

マルホ株式会社 帯状発疹について 大規模疫学調査結果“宮崎スタディ” http://famvir.jp/3_pathema/es/es.pdf

症状からみた変形性関節症の病態

変形性関節症 軟骨が減るとなぜ痛いのかがわかる文献

痛みを感じる程度はOAの重症度との相関は低い。

OAで痛みを感じる組織は、滑膜、骨組織(軟骨下骨)、靱帯、関節包、関節周囲の筋肉や腱。

実際に痛みを感じているのは、主に滑膜と軟骨下骨。

エビデンス参考文献

福井尚志氏 ライフサイエンス出版 治療学 ロコモティブシンドローム (2010年7月号) 運動器の基礎研究5 症状からみた変形性関節症の病態

変形性膝関節症のグレード分類

時代遅れですが、いまだに使われています。

エビデンス参考文献

Radiological Assessment of Osteo-Arthrosis J. H. Kellgren and J. S. Lawrence Annals of the RHEUMATIC DISEASES THE EULAR Journal http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1006995/

変形性膝関節症 レントゲン診断 ローゼンバーグビュー

立位で軽度屈曲させ、負荷をかけて関節の変形や関節間隙の隙間を診断。

エビデンス参考文献

he forty-five-degree posteroanterior flexion weight-bearing radiograph of the knee TD Rosenberg ら Annals of the RHEUMATIC DISEASES THE EULAR Journal The Journal of Bone and Joint Surgery http://www.ejbjs.org/cgi/reprint/70/10/1479.pdf

走るならランニングシューズより「はだし」で、足に優しいと米研究

【1月28日 AFP】ランニングシューズを履いて走るよりも、はだしで走る方が足にかかる衝撃を大幅に吸収できるとする論文が、27日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。

研究チームは、米国とケニアのランナーを対象に、「はだしで走る」「靴を履いて走る」「以前は靴を履いていたがはだしへ転向した」3つのグループの足の重心のかかり方を調べた。

すると、靴を履いたランナーの4分の3が、着地時にかかとが地面に接しており、接地回数は1マイル走るごとに約1000回だった。衝撃を和らげる効果の高いスポーツシューズでも、すべての衝撃を吸収しきれないことは、ヘビーランナーの30~75%が毎年何らかの反復運動損傷を訴えていることからも明らかだ。 

一方、はだしのランナーの圧倒的多数は着地時にかかとが接地せず、足の側や母指球で接地していることがわかった。かかとを地面に付けない走り方は、体重の2~3倍の衝撃がコイン大の表面に集中することによって、痛みや損傷につながる衝撃を回避できる利点があるという。 

論文は、「今日、はだしで走ることは危険でけがの原因になると考えている人は多いが、実際には人はどんなに硬い地面であっても、はだしで痛みも不快感も感じずに走ることができる」と指摘している。

ただし、靴を履いて走っていた人がはだしに転向する場合は、注意が必要だという。靴とはだしでは、使われる筋肉が違うためだ。論文は、「これまでずっと靴で走っていた人は、ふくらはぎと足の筋肉を徐々に作りながら転向すべき」と指南している。(c)AFP/Marlowe Hood

エビデンス参考文献

he forty-five-degree posteroanterior flexion weight-bearing radiograph of the knee TD Rosenberg ら Annals of the RHEUMATIC DISEASES THE EULAR Journal The Journal of Bone and Joint Surgery http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2687999/5246331

関連リンク

Published online 27 January 2010 | Nature | doi:10.1038/news.2010.36 A softer ride for barefoot runners http://www.nature.com/news/2010/100127/full/news.2010.36.html Nature 463, 531-535 (28 January 2010) | doi:10.1038/nature08723;Received 27 July 2009; Accepted 26 November 2009 Foot strike patterns and collision forces in habitually barefoot versus shod runners http://www.nature.com/nature/journal/v463/n7280/abs/nature08723.html

抗CCP抗体は、活動性結核でも高率に(37%)上昇する。

エビデンス参考文献

ARTHRITIS&RHEUMATISM Vol.58,No.6,June 2008 Patients With Pulmonary Tuberculosis Are Frequently Positive for Anti-Cyclic Citrullinated Peptide Antibodies, but Their Sera Also React With Unmodified Arginine-Containing Peptide
Prasanthi Kakumanu 著

肺炎球菌ワクチン 肺炎球菌ワクチン「ニューモバックス」の劇的な効果が日本でも証明。

riumachiyobou.html

老人施設の高齢者1000人を対象とした3年間の研究結果が日本感染症学会で発表されました。

(結果)

ワクチン接種者は肺炎全体の発症率が45%少なかった。また肺炎球菌性肺炎が63%減少させた。

驚くべきは、プラセボ群では肺炎球菌性肺炎を発症した37人のうち13人(35.1%)が死亡したのに対し、ワクチン接種群では死亡者ゼロだったということ!

肺炎球菌以外の肺炎を含めた肺炎全体でのでの死亡率は、プラセボ群で25.0%ワクチン接種群で20.6%だった。

エビデンス参考文献

日経メディカルオンライン http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201004/514892.html

抗CCP抗体とは何か 抗CCP抗体は治療効果の測定に有用か

ccp.html

要旨―

関節リウマチ(RA)に極めて特異性の高い自己抗体である抗環状シトルリン化ペプチド抗体(抗CCP抗体)の臨床的有用性について概説した。本抗体はその高い特異性に加えてリウマトイド因子とほぼ同程度の感度故にRA の診断補助として有用である。

しかし、発症して間もない(3 カ月以内)超早期RAでの感度はそれほど高くなく、本抗体が陰性であってもRA を否定できないことを認識すべきである。

本抗体のもう1 つの特徴として関節破壊予測因子として有用であることがクローズアップされてきており、本抗体が当初から高力価である場合関節破壊が急速に進行する可能性を考慮し強力な治療から開始することが必要かもしれない。

エビデンス参考文献

関節リウマチにおける抗シトルリン化ペプチド抗体測定の有用性 -大田俊行著 http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0708-02.pdf #1 Berglin E,Johansson T,Sundin U,et al: Radiological outcome in rheumatoid arthritis is predicted by presence of antibodiesagainst cyclic citrullinated peptide before and at disease onset,and by IgA-RF at disease onset. ― http://ard.bmj.com/content/65/4/453.short #2 Syverrsen SW,Gaarder PI,Gokk GL,et al: High anti-CCP levels and an algorithm of four variables predict radiographic progression in patients with rheumatoid arthritis: results from a 10-year longitudinal study ―  http://ard.bmj.com/content/early/2007/05/25/ard.2006.068247.abstract Alessandri C,Bombardieri M,Papa N,et al: Decrease of anti-cyclic citrullinated peptide antibodies and rheumatoid factor following anti-TNFα therapy (infliximab) in rheumatoid arthritis is associated with clinical improvement ― http://ard.bmj.com/content/63/10/1218.abstract Caramaschi P,Biasi D,Tonolli E,et al: Antibodies against cyclic citrullinated peptides in patients affected by rheumatoid arthritis before and after infliximab treatment ―  http://www.springerlink.com/content/kncwhc5nucv2t69k/ De Rycke L,Verthlst X,Kruithof E,et al: Rheumatoid factor, but not anti-cyclic citrullinated peptide antibodies, is modulated by infliximab treatment in rheumatoid arthritis ―  http://ard.bmj.com/content/64/2/299.abstract

リウマチの治療薬 MTX(=メトトレキサート・リウマトレックス)の服用法と副作用

ryuukusuri.html

エビデンス参考文献

MTX肺炎 ―徳田均氏著 リウマチ科42巻第5号:516-224.2009/11

要旨―

メトトレキサート(MTX)は関節リウマチ(RA)治療に用いられる疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)の中でもっとも高い治療効果を有し、比較的認容性の高いこともあって、現在RA治療のanchor drugとしての位置を確立している。最近はRAに対しての早期よりの積極的な投与が推奨されていることは周知の通りである。

近年、生物学的製剤がRAの治療に広く導入される時代となったが、MTXの重要性は揺らいでいない。InfliximabについてはMTXの併用が義務づけられており、またその他の生物学的製剤でも、MTXと併用することでより効果が得られることが報告されている。

低容量MTX治療にはしかし軽視できない副作用がある。特に呼吸器系の合併症は、肝毒性、血液毒性と並んで重要であり、時に重症化し、死亡も決して稀ではない。MTX誘発肺障害(methotrexate-induced lung injury)と総称され、その急性型がMTX肺炎(methotrexate pneumonitis)と呼ばれる。

典型的には、咳、発熱で始まり、比較的急性に進行し、呼吸困難を呈する。胸部X線写真上両側の広範なすりガラス陰影を呈し、しばしば低酸素血症を伴う。

重症化した場合、死に至ることもありうるので、緊急な対応が求められるが、本症の最大の問題は、同じ患者背景で起こる感染症、特にニューモシスチス肺炎(Pneumocystis Pneumonia:PCP)と病像が酷似し、しばしば鑑別に難渋することである。後述のように両者の鑑別はなかなかに困難で、乏しい情報の中でステロイドや抗菌薬の選択を迫られることが多い。

われわれは多施設共同研究を行い、この問題を検討、一定の成案を得し、報告した。本稿ではその成果を踏まえつつ、文献学的考察を交えながらMTX肺炎を論じたい。また、同じ急性肺障害として、頻度は稀だがMTXに誘発される非心原生肺水腫も知っておかねばならない病態であり、症例を呈示しつつあわせ述べる。

MTX誘発肺障害の中には、慢性に進行する間質性肺炎型もあるといわれるが、RA固有の間質性肺炎の悪化との鑑別が困難で、また治療法も変わらないことから取り上げる意義に乏くここでは言及しない。なお、MTX誘発肺障害については優れた総説がいくつかあるか、その多くは基礎疾患としてRA以外の疾患(乾癬、多発性地筋炎、皮膚筋炎、全身性エリトマトーデス、リウマチ性多発筋痛症、強直性脊椎炎、若年性関節リウマチ、サルコイドーシスなど)をも包括したものであることに注意する必要がある。・・・・

エビデンス参考文献

メトトレキサートの体内動態と薬物相互作用―森俊輔氏著 リウマチ科42巻第5号:471-479.2009/1

要旨―

メトトレキサート(MTX)は葉酸と類似の構造をもつ物質で、関節リウマチ(RA)治療における中心的なDMARDs(disease modifying antirheumatic drugs)の一つである。有効性と安全性の指標である継続率は他のDMARDsと比較して最も優れている。

発症早期のRAに対しては優れた関節破壊抑制効果が報告されている。MTX単独療法が無効の場合でも他のDMARDsとの併用により良い治療成績が得られることが多い。

代表的な生物製剤であるTNF(tumor necrosis factor)阻害薬もMTX併用を行わないと十分な効果を発揮しない。このような理由でMTXはRA治療においてアンカードラッグという位置づけにある。MTXを十分使いこなすためにはその薬物動態や他の薬剤との相互作用に関する知識を得ることが重要である。・・・・

リウマチ患者への帯状疱疹ワクチン接種を推奨

エビデンス参考文献

免疫抑制患者へのワクチン接種の適応と禁忌 浦田幸朋氏著 日本で開発され世界で評価されてきた水痘ワクチン(岡株) 高橋理明氏著

水痘ワクチン 神経痛発症率を65%下げるとの報告も

Nikkei Medical 2009.8 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t055/200908/511923.html N Engl J Med 2005; 352 : 2271 - 84 : http://content.nejm.org/cgi/content/short/352/22/2271 高齢者における帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛の予防ワクチン wikipediaより 米国での研究では水痘ワクチンを数万人の50歳以上の成人に接種することで、帯状疱疹の発症を対照群の半分に、主観的に痛みを残す人を3分の1に減らすことができたと主張するデータもある。2006年に、米国では 60歳以上を対象とする帯状疱疹ワクチンとして承認された、このワクチンはいわゆる「水ぼうそうのワクチン(水痘ワクチン)」のことであり、数十年前に日本で研究開発されたワクチンである。米国のみならずEUなど30カ国以上で「帯状疱疹の予防目的」で広く使われているが、日本ではまだ「帯状疱疹の予防目的」での適用がない。
^