リウマチの薬の免疫抑制レベルは
どのくらいなのか?

リウマチ治療質問集 東京リウマチクリニック

リウマチの薬の免疫抑制レベルとは

リウマチの薬を使っている人は他の普通の人と比べてどのぐらい気をつけたらいいのかという質問が増えています。

というのもコロナウイルス肺炎重症化の要注意リストの中に免疫抑制剤の投与患者が必ず入っているからです。

人によってもお薬を使っている量も個人差が大きいし、プレドニンや生物学的製剤を使っているかによっても違ってきますのでなかなか一概には言えません。

しかし、患者さんにこう質問された場合、おおよそのところ抗がん剤の点滴化学療法をしているかたの1/50ぐらいと答えています。

これはメトトレキサート(MTX=リウマトレックスなど)の投与量で推定したものです。

MTX は白血病や悪性リンパ腫などの化学療法でも使用されますが、その場合の投与量は平均して一週間に2000mg 程度。

リウマチで使う MTX の量は平均して1週間に10 mg 程度ですから1/200ぐらいです。

投与期間やその他のバイオ製剤などの併用など総合して私が推定した数字です。

リウマチ治療相談Q&A

質問リスト

リウマチの検索はこちら