関節リウマチは治るのか?

リウマチ治療質問集 東京リウマチクリニック

現在のリウマチ治療で
完治という意味とは

リウマチという病気はまだ、完全には解明されていません。

関節リウマチの発症原因の40%程度が遺伝子によるものと推定されています。

残る60%の原因は、人体の免疫システムに加わるさまざまな環境ストレス因子です。

いまのところ、遺伝子をかえることはできません。

しかし、注射と内服治療薬を組み合わせて早期にうまく使用すれば、寛解(かんかい=通院・投薬していて痛み・腫れがないこと)という第一目標は容易に達成できます。

発症1-2年以内に、標準レベルの治療を行えば、変形が進行して手術になるようなことはまずありません。また、炎症の勢いが小さいうちであれば完治率(一旦通院・薬が必要なくなるという意味の完治=ドラッグフリー寛解)も高くなることが多くの研究で証明されています。

病気が起こり始めるたびに火を消してしまえばいいのです。

われわれの経験からも、病勢に応じた適切な早期治療をおこなっていけば、治療期間が短くて済み、薬剤のトータルの投与量も少なくて済むことが明らかです。

寛解・完治を目指す早期治療の必要性

カタカナ言葉で言うとウィンドウズオポチュニティと呼ばれています。

windows of opportunity = 直訳すると「チャンスの窓」ということですね。

これは英語の例え言葉ですが、ちょうどリウマチが起こり始めたころに、治療開始のベストタイミングがあるという意味です。

言い換えればそのタイミングを逃すと治りが悪くなるという意味にもなります。特に手首などはこのタイミングを逃して軟骨が無くなってしまうと一生腕立て伏せができないなどの障害が残ってしまいます。

専門医療機関で治療しているのに、なかなか痛みがとれない、または変形が進んでしまったなどの患者さんが、まだまだいらっしゃるようです。

うまく治療できていない患者さんには、いくつかのパターンがあります。

そのひとつとして、「強い薬はさけたい」「自然な治療で治したい」などの思い込みによって漢方薬、誤った免疫治療やあやしげなサプリメント(多くは自由診療で高額)を続けているケースです。

リウマチ治療相談Q&A

質問リスト

リウマチの検索はこちら