? 生物学的製剤について|リウマチ注射薬|東京リウマチクリニック

Tokyo Arthritis Clinic

東京リウマチクリニック

関節リウマチ専門
(旧自由が丘整形外科)

ネット予約24時間対応

生物学的製剤について

本院で使用している生物学的製剤

抗サイトカイン治療薬
インフリキシマブ・エタネルセプト・アダリムマブとは

トシリズマブ アクテムラとは

アバタセプト オレンシアとは

セルトリズマブ ペゴル(シムジア)とは

リウマチが身体に与える影響

エタネルセプトとMTXの併用療法

本院で使用している一部を掲載しています。

そのほかの生物学的製剤については、診察でご相談ください。

リウマチ生物学的製剤(エタネルセプト・インフリキシマブ・アダリムマブ・トシリズマブ・アバタセプト・ゴリムマブなど)の投与例は累積2722名、投与継続中970名以上(=2018年4月調べ)。

エタネルセプトBS・インフリキシマブBSなどバイオシミラー(バイオ後発品)も採用しております。

リウマチ治療中の患者さんへ

  1. 1年1回、レントゲン評価(進行していないかのチェック)
  2. 内科Drによる合併症、他内科的チェックを行います。

生物学的製剤投与中の感染症予防・対策

本院では、リウマチ治療中の感染症(肺炎・結核など)対策を徹底しています。

詳しくは、感染症予防のページをご覧ください。

^