電話予約はこちら(日祝以外)
Tel.03-3722-1411
受付時間 10:00-13:00/14:30-17:30

施設紹介

院内設備

受付・診察フロアと画像検査フロアで分かれています。

まず、2階の受付へお越しください。

受付

受付・院内薬局

診察が終われば会計時に薬をお渡しできますので、薬局などで2度待つ必要はありません。間違いや飲み方に疑問があればその場で先生に確認でき、事故を未然に防ぐことができます。

処方箋をもらって、また薬局を探すのは大変なことです。雨の日や、ただでさえ足腰の悪い整形外科の患者さんではなおのこと。

私自身が、長年使ってきた多くの薬剤の中から品質がよく信頼のおける薬のみを厳選してそろえています。

患者さんのコストも考えジェネリック医薬品も多く採用しています。

電子カルテ PACS

院内ネットワーク

電子カルテおよびView Send PACSを導入しています。

日立0.3TオープンMRI装置 MRI

日立0.3TMRI装置

手足や膝関節などの四肢以外に、脳・脳血管や脊椎などの撮影も可能です。

開口部が広いオープン型のMRI装置で閉塞感や圧迫感が少なく、検査時の音も小さめです。

超音波診断装置 HS-1

超音波検査装置

KONICA製HS-1。

関節リウマチ超早期診断が可能。

レントゲン装置

レントゲン装置

CANON(旧東芝製)

フラットパネル

フラットパネル

KONICA製

CRに比べ約半分のX線照射量で高画質の画像を得られるため、患者さんへの被曝リスクを低減できます。

骨密度測定装置

超音波式骨密度測定装置

(日立アロカ製)

超音波法なので放射線被爆が全くなく、妊娠中の方でも測定が可能です。しかも、自己負担金も240円(3割の場合)と放射線式DEXAの1,080円より大幅に軽減されています。

検診であれば2-3年に1回。

骨粗鬆症治療中の方は、6ヵ月-1年に1回測定。1-2分で測定可能。

お知らせ

リウマチ治療専門に特化したクリニックに移行のため、リハビリテーションおよびトレーニング運動療法指導は一通りの使命を終えたと考え、2019年3月で終了となりました。

初診について

初診完全予約制です。

本院で治療対象となる
リウマチ性疾患

※ただし、線維筋痛症はリウマチ性疾患とはまったく治療が違ってきますので、お役に立てないことが多いことをおことわりしておきます。

線維筋痛症とリウマチ性疾患を見分けるもっとも確実な方法は、ステロイド(プレドニン、ケナコルトなど)が効くかどうかです。

効果があるのであればそれは線維筋痛症ではありません。

リウマチ性疾患ですので受診をおすすめします。

電話のお問い合わせ
Tel.03-3722-1411
WEBから診療予約

診療時間について

[受付時間]10:00-13:00 14:30-17:30

[休診日]日曜・祝日

臨時休診・夏季休診・年末年始休診は別途お知らせいたします。

受付時間
10:00〜13:00
14:30〜17:30
電話する
初診WEB予約
再診WEB予約