リウマチの検索はこちら

エタネルセプト・インフリキシマブ・アダリムマブ

生物学的製剤 抗TNFアルファ薬 抗サイトカイン治療薬とも呼ぶ。

サイトカインとは

リンパ球などの細胞が分泌する物質で、いろいろな種類があり、全身のからだの働きを調節しています。

特に、免疫のはたらきに重要な役割をしています。

正常な状態では、これらサイトカイン同士のバランスがうまくとれているのですが、関節リウマチの患者さんの体内では、このサイトカインのいくつかが過剰に産生され、関節炎をおこすと同時に骨や軟骨など自分の身体の組織を破壊していることがわかってきました。

抗サイトカイン療法とは?

リウマチ患者さんで、特に関節の破壊、炎症の原因になっているのがTNF-αというサイトカインです。

TNF-αの働きを抑える薬剤を投与し、リウマチの進行を抑える治療です。

抗サイトカイン治療薬の効果は?

70%以上のひとに効果があります。

効果の高い薬で、劇的に効いて症状がほとんどなくなってしまうことも期待できます。今までの薬と違い、効果がすぐに(2-3週)現れるのは特徴で、投与された翌日に体が軽くなったと言われるかたもいます。

投与方法は?

インフリキシマブは点滴で投与します。入院は不要で、外来で点滴します。

2カ月に1回の間隔で点滴を続けていきます。1回の点滴に約1-2時間かかります。

エタネルセプト・アダリムマブは皮下注射で簡単に終わりますが、最低2-4週間に1回の通院が必要になります。指導を受ければ、自己注射もできます。

副作用について

発疹などの軽いアレルギー症状が他の薬剤と同じように起きることがありますが、抗がん剤のような強い副作用はありません。

最も重要なのは、免疫機能がやや落ちるため、結核・肺炎などの感染症を発症しやすくなることです。

使用経験の豊富な施設で投与を受けることが重要です。

本院は、単独施設として全国有数の投与経験があり大きな実績をあげています。

生物学的製剤(エタネルセプト・インフリキシマブ・アダリムマブ・トシリズマブ・アダリムマブ・アバタセプト・ゴリムマブなど)の投与例は累積2722名、投与継続中970名以上(=2018年4月調べ)。

どれくらい続けるのですが? 止められないのですか?

2-3年は続けることが普通ですが、途中で治ってしまって完全離脱できるかたも見られます。また、効果がはっきりしない場合には止めてみれば良いのです。高価な薬ですから、効いているのかはっきりしないのに続けるのは良くありません。

担当医とよく話し合ったうえで決定することですが、試しに止めてみることで、症状が悪化し、実は効いていたのだということがはっきりすることもあります。

すぐに再開すれば問題ありません。

それはそれで、以降自信を持って投与できるから良いのです。

MTXなどのリウマチの飲み薬は必要なくなるのですか?

MTXやリウマチの飲み薬は続けます。

両者が合わさって最大の効果をあげます。

まずはプレドニンの量を減らすことが第一目標になります。

抗サイトカイン治療薬の費用

すでに、特殊な治療ではなく、MTXとならびリウマチ治療の大きな2本柱になっています。

全世界・日本で過去数年間の大きな実績により安全性が確立しています。

難点としては、治療費が高いことです。(3割負担で月2-4万円)

それさえなければ、本当は全員に使ってあげたいくらい、安全でよく効く薬です。

エタネルセプトの自己注射をしています。
どのくらいの頻度で診察や血液検査を受ける必要がありますか?

他院よりも通院・採血頻度が少なくなっています。

本院では、現在エタネルセプト投与中の患者さんが約770人いらっしゃいます。(2018/4)

スタッフもこの薬や副作用について熟知していますので、他院よりも通院・採血頻度が少なくなっています。

健康な方とかわりない生活を送ってもらいたいという願いからです。

受診は標準、月1回ですが、遠方の方はやむを得ず2-3カ月に1回の通院にしています。

採血は標準2-3カ月に1回でじゅうぶんです。

年に1回、胸部レントゲンと手足のレントゲンを撮影し、リウマチが進行していないかをチェックします。

^