電話予約はこちら(日祝以外)
Tel.03-6421-2567
受付時間 10:00-13:00/14:30-16:30

リウマチ検査で陽性の場合

リウマチ因子(RF)陽性について

健診のリウマチ検査(リウマチ因子、リウマトイド因子)で陽性だったので心配だという方の問い合わせや受診が多いのでお答えします。

普通の人でも、リウマチ因子陽性というだけのかたは大勢います。

健常者の3%、高齢健常者ではなんと10%も陽性に出ます。また女性は男性より陽性率は高くなります。一方、ほんとうのリウマチのかたでも、70%(発症時)しか陽性に出ません。これは、ほんとうのリウマチでもリウマチ因子が正常な人、つまり血液に出ない人が30%もいるということになります。

陽性になったら、すぐ治療は必要?

リウマチ因子が陽性に出たかたのうち、関節の症状が全くなければ様子見で良いです。

多少なり関節痛など自覚症状があれば、ほんとうにリウマチに進行するかを調べるために抗CCP抗体をリウマチ専門医で調べてもらったほうが良いでしょう。

受診前の準備

治療が必要になったときのための準備として、葉酸のサプリメントを市販のものでかまいません。

葉酸を始めておくと、MTX投与開始時に副作用が出にくくなります。

初診について

初診完全予約制です。

本院で治療対象となる
リウマチ性疾患

※ただし、線維筋痛症はリウマチ性疾患とはまったく治療が違ってきますので、お役に立てないことが多いことをおことわりしておきます。

線維筋痛症とリウマチ性疾患を見分けるもっとも確実な方法は、ステロイド(プレドニン、ケナコルトなど)が効くかどうかです。

効果があるのであればそれは線維筋痛症ではありません。

リウマチ性疾患ですので受診をおすすめします。

電話のお問い合わせ
Tel.03-6421-2567
WEBから診療予約

※聴覚障がい・言語障がいのある方:
FAX.03-6421-2568
またはjseikei1@gmail.com

4人のリウマチ専門医がチームで治療にあたります。初診後、どの先生でも受診が可能です。

診療時間について

[受付時間]10:00-13:00 14:30-16:30

[休診日]日曜・祝日

臨時休診・夏季休診・年末年始休診は別途お知らせいたします。

受付時間
10:00〜13:00
14:30〜16:30

医師紹介

日本リウマチ学会認定
リウマチ専門医4名在籍

電話する
初診WEB予約
再診WEB予約