電話予約はこちら(日祝以外)
Tel.03-6421-2567
受付時間 10:00-13:00/14:30-16:30

リウマチ局所治療の重要性

リウマチの局所の痛み

抗リウマチ薬や生物学的製剤の治療により、リウマチをうまくコントロール出来ていても、手関節だけ痛いなど局所の痛みを訴える患者さんが多くいらっしゃいます。

痛みを早くとるには

痛みのある腱鞘内や関節に注射を行います。

即効性のあるステロイド注射

ステロイド薬 ケナコルトA

ステロイド薬名:ケナコルトA

効き目の持続は4週間ほど、その後徐々に薄れていきます。

局所の急性期の炎症に使用する場合、服用のステロイド薬より、局所注射の方が効果的です。

ステロイドの副作用だけクローズアップされてしまいますが、しっかり管理して行えば炎症やリウマチの痛みに良く効く薬です。

ステロイドの使い方と副作用

初診について

初診完全予約制です。

本院で治療対象となる
リウマチ性疾患

※ただし、線維筋痛症はリウマチ性疾患とはまったく治療が違ってきますので、お役に立てないことが多いことをおことわりしておきます。

線維筋痛症とリウマチ性疾患を見分けるもっとも確実な方法は、ステロイド(プレドニン、ケナコルトなど)が効くかどうかです。

効果があるのであればそれは線維筋痛症ではありません。

リウマチ性疾患ですので受診をおすすめします。

電話のお問い合わせ
Tel.03-6421-2567
WEBから診療予約

※聴覚障がい・言語障がいのある方:
FAX.03-6421-2568
またはjseikei1@gmail.com

4人のリウマチ専門医がチームで治療にあたります。初診後、どの先生でも受診が可能です。

診療時間について

[受付時間]10:00-13:00 14:30-16:30

[休診日]日曜・祝日

臨時休診・夏季休診・年末年始休診は別途お知らせいたします。

受付時間
10:00〜13:00
14:30〜16:30

医師紹介

日本リウマチ学会専門医4名在籍

電話する
初診WEB予約
再診WEB予約